香聞 茂™のじぇじぇじぇる

ブログ

寝付けないパターンと香りの利用

2017年02月13日
私の場合冬場に偶にありますが、冷え込みが強くて、床に入ってもひざから下や腰、背中が冷たいなあと感じている間は、いつまでたっても寝入ることができない。一旦ベッドから起き出し、靴下を履いたり、シャツを長袖に着替えたりして、先ずは寒さ対策してから、水を一口飲んで、再度就寝します。

そこそこ気持ちが落ち着きますが、次に心配なことが頭に浮かんだり、新しいアイデアが浮かんで来たり、脳自体が静まらず、入眠できない。

ベッドでスマホ画面を見て、ツイッターやニュース記事を読んでいるうちに、うとうとしてようやく寝入ることとなる。

会社を興して、香りの効果を調べることが断然増え、色んな文献を読み漁っているうちに、これまでには、香りを意識して使うことは、ほとんどなかったのですが、自分の気に入った香りを、ほのかに漂わすと、副交感神経が優位になる(気が静まる)ような感覚が、割と自覚できるような感じがしてきました。

個人差があり、共通の香りが入眠に効果が有るとは言いませんが、皆様それぞれが気に入った香りで、お試しされてはいかがでしょうか?

通説でいわれる○○精油は、リラックスできるというステレオタイプな情報は、ひとまず参考程度において、自分自身の好き嫌いの直観的な判断で、寝つきやすい方法を探ってみてはいかがでしょうか?

私の場合は、メントールとリナロール主体の5,6種類の精油をブレンドした香りを同時に嗅ぐことで、ちょっとした呼吸が気分を落ち着かせてくれます。

私の用いているブレンド精油の話は、次の機会にご紹介いたします。