技術研究

セルフケア

セルフケアに香りの貯蔵庫でアロマセラピーの実践へ

両親媒性のコア−シェル型高分子ゲルは、天然精油全般にとても優れた膨潤性を示し、また徐放性も良好であり、さらにゲル化するために熱を加える必要がないため、貴重な精油の微量成分を失うことが有りません。また共有結合でポリマー化した化学ゲルなため安定しており、長期間ほとんど変性が起きません。両親媒性のシェルは、水系への均一分散にも優れているため、各樹樹脂エマルションへの混和性も良好です。


香りの貯蔵庫として、これまでにない芳香療法(アロマセラピー)に活用していただき、心身のリラックスとリフレッシュを通して、健康増進にお役立ていただけることを望んでおります。


健康寿命は、どの世代の人々にとっても他人ごとではありません、精油成分には有用な成分もふくまれており、嗅ぐことでまた大脳辺縁系部位に直接刺激が届くため、昨今はアルツハイマーの予防に関する可能性も指摘されています。
※合成香料は、香りの持続性や強さはありますが、生理作用は期待できません。
生理作用を期待するには天然精油の効用を文献等で詳しくお確かめください。


今後は、多くの方々にエフリゴの両親媒性高分子ゲル(EAPゲル)について認知していただく事で、より高度な利活用を見出し、社会に役立つ具体的な商品を開発して参りたいと考えております。

 

さらに固形化することで、香りのTablet(タブレット)及び香りの保持に優れたアロマストーンとして、気軽に携帯も可能になりました。  

IMG_1343.JPG IMG_1344.JPG IMG_0643e2jpg.jpg 

  


■当社が目指す新たな利用方法
※精油成分の吸入による人体への効能(リラックス等)を、体に身に着けて一定時間管理し健康維持に役立てるアロマ療法を提案。
20170226213543.png


aromaProductsPlan.pdf (778KB)